指導者紹介


Conductor : 高橋 達馬
Conductor : 川崎 嘉昭

Conductor : 松川 智哉
Baritone  : 加藤 大聖
Soprano  : 田村 幸代
Composer・Pianist : 山下 祐加



高橋 達馬(たかはし たつま)




神奈川県出身。
                                          

1989年生まれ。4歳よりピアノを、14歳より指揮を始める。

2008年、東京藝術大学音楽学部指揮科入学。

以降、市民オーケストラの指導、副指揮者としてオペラプロダクションに関わるほか、在京オーケストラにおいて鍵盤楽器奏者としてもしばしば出演している。

またアレンジャーとしても活動し、編曲作品は国内外で演奏される。     

2010年度、ロームミュージックファンデーション指揮研究生。並びに、2011年度、明治安田クオリティオブライフ文化財団奨学生。

2012年、東京藝術大学を卒業。

学内にてアカンサス音楽賞、安宅賞、同声会賞を受賞。

 2014年、同大学院音楽研究科 指揮専攻 修士課程を修了。

 これまで指揮を尾高忠明、高関健、松尾葉子、高階正光、湯浅勇治、下野竜也、
 クリスティアン・エーヴァルト、ヨルマ・パヌラ、ダグラス・ボストックの各氏に
 師事。ピアノを秦はるひ、本荘玲子、野澤啓子の各氏、音楽理論を森垣圭一、
 三ッ石潤司の各氏にそれぞれ師事。
 現在
、ハンス・アイスラー音楽大学(ベルリン)に在学中。


川崎 嘉昭(かわさき よしあき)



富山県出身。

2008年、東京藝術大学音楽学部声楽科を卒業。
2014年、同大指揮科を首席で卒業。
学内にてアカンサス音楽賞を受賞。
これまでに指揮を高関健、尾高忠明、ダグラス・ボストック、ヨルマ・パヌラの各氏に、声楽を高丈二、吉田浩之、築地利三郎の各氏に師事。
これまでにオペラ「フィガロの結婚」
「ドン・ジョバンニ」「コジ・ファン・トゥッテ」「魔笛」「奥様女中」
「愛の妙薬」「カルメン」などを指揮。

その他、東京、愛知、富山にて、ジュニアオーケストラから学生・社会人オーケストラ、社会人合唱団と共に、目下様々な作品に取り組いる。


松川 智哉(まつかわ ともや)




洗足学園音楽大学音楽学部作曲コースを経て、東京藝術大学音楽学部指揮科を卒業、同大学院音楽研究科指揮専攻を修了。

2016年度に同大学の推薦を受け、野村学芸財団奨学生。これまでに指揮を尾高忠明、高関健、Douglas Bostock川本統脩の 各氏に、作曲・音楽理論を久行敏彦氏に、ピアノを故・谷畑俊枝、羽石彩子、星野苗緒、竹内真紀の各氏にそれぞれ師事。 この他、在学中に学内でのマスタークラスにて梅田俊明、山田和樹、

Jorma PanulaPeter CsabaLaszlo Tihanyiの各氏のレッスンを受ける

2010年“第2回井上道義による指揮者講習会”、
2012年“第6 回下野竜也による指揮マスターコースに参加し各氏の
指導を受ける。
いずれも成績優秀者として、最終日にそれぞれ金沢大学フィルハーモニーと上野学園大学オーケストラを指揮。

20158月、びわ湖ホールで行われた“沼尻竜典 オペラ指揮者セミナー「フィガロの結婚指揮法」”の受講生に選抜され、氏の指導を受ける。期間中、大阪交響楽団を指揮。
20177月、兵庫県立芸術文化センター公演、佐渡裕藝術監督プロデュースオペラ「フィガロの結婚」にて副指揮者を務める

同年10月、三枝成彰作曲の新作オペラブッファ「狂おしき真夏の一日」にて副指揮者を務める。


加藤 大聖(かとう たいしょう)





神奈川県出身。

東京藝術大学音楽学部声楽科を卒業。

これまでに篠崎義昭、福島明也、牧野正人の各氏に師事。

20173月より渡伊、ミラノにてGiorgio LormiBruno Dal Monteの両氏のもとで研鑽を積む。

オペラではこれまでに愛の妙薬》《コジ・ファン・トゥッテヘンゼルとグレーテル
フィガロの結婚》《リタ
ジャンニ・スキッキ
ドンパスクァーレ
ドン・ジョバンニ

ラ・ボエームなどに出演。

特に2012年文化庁委託事業オペラ秘密の結婚ではロビンソン伯爵を

演じ好評を博した。

宗教曲ではフォーレレクイエムシューベルトト長調ミサD127》 べートーベン第九のバリトンソロを務める。

近年は演奏活動とともにヴォイストレーナー、及び合唱指揮者としても活動しており、わかりやすい発声指導と変化に富んだ音楽創りには定評がある。
現在関東圏内複数の合唱団の指導にあたる。 

田村 幸代(たむら さちよ)




神奈川県出身。

東京藝術大学音楽学部声楽科を卒業。
同大学大学院音楽研究科修士課程声楽専攻
独唱修了。

これまでにベートーヴェン第九、フォーレレクイエム、プーランクスターバト・マーテルなど数多くの作品でソリストを務める。

大学院在籍時には1950年代以降の日本歌曲を中心に研鑽を積み、近年では若手作曲家の新作初演など意欲的な活動を続けている。

「ヴォーカルアンサンブル 歌譜喜」、「古楽アンサンブル コントラポント」、 「ヴォーカル・アンサンブル・カペラ」メンバー。

現在、神奈川・東京・千葉を中心に数多くの合唱団でヴォイストレーナーも務めている。


山下 祐加(やました ゆか)





東京藝術大学大学院音楽研究科作曲専攻修了。

在学中創作オラトリオ李陵を初演。

2014年、第25回朝日作曲賞受賞。

カワイ出版より

合唱ピース(混声・女声)
『We always stand by you』
ありがとうの花束

混声合唱組曲私たちは一人ではない
ねむりのもりのはなし光のために
燕の歌夢の続き

女声合唱組曲花咲くままに 思ひ出よ

パナムジカより女声合唱のためのわらい

教育芸術社より自分の一歩

ブレーンより管楽器アンサンブルスタートライン」が出版されている

またCD『ふるさとのように 山下加 混声合唱作品集がジョヴァンニ・レコードから発売された